Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Metroスタイルのやつ読んでた

アプリのユーザー エクスペリエンスのデザイン > Metro スタイル アプリのユーザー エクスペリエンス (UX) の設計パターン > タッチ操作の設計

ユーザーは意識せずに複数の指を使ってタッチしていることがよくあります。そのため、画面をタッチする指の数が変わったときにタッチ操作を大きく変化させないようにしてください。現実世界と同じように、1 本の指でスライドするときも、3 本の指でスライドするときも、結果が変わらないようにしてください。
への言及を見て, 少し考えてた. マルチタッチという概念を知ってる人, 知ってない人で変わるなーという感じがして, 知らない人なら確かにあるアプリの中で"2本指スクロールしたら画面が切り替わる"とかはアプリの使い始めは戸惑うときあるなと思った. ただ, 実際自分で使うならマルチタッチで色々出来たほうがありがたい感じもする(そのアプリに少し慣れたあとなら). まあそれはさておき, どうすれば良いのかなと考えてたんだけど, 基本的に現実的に意味のある単位で分割するのかなーという感じがしてきた.

  • 2本以上の指でたぐり寄せる(スワイプ)

  • 1本以上の指でなぞる(スクロール)


とか...
多分Metroで言ってるのこういう区切りにしろってことだと思うので, 別に新たな発想でもないんだけど.
不勉強なので, 「最終的に慣れて使いやすい」のと「はじめの戸惑いなくす」の相反することもあるように感じてどっちを取るかなんとも判断つきづらい.

だらだらこのブログをそういうことを全く無視して「コンドルアガる↑↑↑」とか言ってCSS書きながら, このようなことを考えてた.