Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Google+とFacebookに関して思うこと

(今はフレンドも少ないしどっちでもいいんだけど)Facebookの場合フレンドが増えるに従って, またFacebookが色々な層から使われていく従って, 「真面目な人, 面白い人, 会社の人, ネットで知ってる人, 友達」それぞれに対して無害なことを取捨選択する必要が出てきてしまうよね. フレンドのなかに存在する複数のクラスタに対して同じ距離感でコミュニケーションしないといけない. これはリアルの(自発的な)コミュニケーションと比べても異質だと思う.
そしてFacebookユーザーが増えた場合, (承認しないなんてないだろうという) 顔見知り(旧友など)からのフレンド申請の圧力によってこの流れを止められない.

とか, ごちゃごちゃ考えてたらotsuneさんのtweetを発見してしっくりきた.


大体, コミュニケーションのスタンスなんて双方の合意に基づいて行われるものじゃなくて, こっちが勝手に「この人は〇〇クラスタ」などと分類したり,「この人には本音をいえる」, 「ネタが通じる」なんて調子でスタンスを決定していると思う.
たしかに現実ではそういう付き合い方を出来ない場面もあったり, いやいや話を聞くこともあるだろうけど, そんなことネットでする意味あんの? おれはあんまりしたくないです. 疲れるでしょ

なんとなくFacebookGoogle+はFacebookのほうがリアル的でGoogle+の方がネット的だという印象が強いように思うが, それは中の人とかがそうなのであってコミュニケーション方法としてはGoogle+のほうが実際のコミュニケーションに似ていると感じる. Facebookとしては友達/友達じゃないっていう分類のみに焦点を当てている気がして, あとはオプションみたいなスタンスなのかな.
当然みんなが仲良しでネタも共有して楽しめてっていう空間で生きてる人は別に問題ないと思う.

Facebookが廃れるとかそういうの言ってるんじゃない. ただもっと一般化したら常時開いたり, postしたりするのがおっくうになるかもねって思ったという話.

特に何の役にも立たない文章を書き留めてみた.

Facebook: http://www.facebook.com/takatoshim
Google+ http://gplus.to/ToQoz