Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Vim Plugin管理にVundle導入

前のエントリ(Vundleが話題のなかpathogenを導入する)で追記したように
neocom入らないとかは単純なスペルミスだったのでVundle入れ直すことに。
gmarikさんのコメントで分かりました。

導入手順

.vim以下をgitで管理しているので、
Vundleだけsubmoduleとして管理

$ cd ~/.vim
$ git submodule add git://github.com/gmarik/vundle.git ~/.vim/vundle.git

.gitignoreに追記

bundle

vimrcに追記

""
" Vundle Setting
set nocompatible
filetype off

set rtp+=~/.vim/vundle.git/
call vundle#rc()

" original repos on github
Bundle 'Shougo/unite.vim'
Bundle 'Shougo/vimshell'
Bundle 'Shougo/neocomplcache'
Bundle 'ujihisa/quickrun'
Bundle 'thinca/vim-ref'
Bundle 'vim-ruby/vim-ruby'

filetype plugin indent on

*filetype を一度offにして、Vundle の処理のあとでftpluginとindent を読み込むように指定。

Plugin指定方法

Githubからなら(ユーザー名/レポジトリ名)

Bundle 'user_name/repos'

vim-scriptsからなら(レポジトリ名)

Bundle 'repos'

githubじゃないレポジトリからは

Bundle 'git://git.foo.com/repos.git'

と指定するだけでOK!!!

使い方

.vimrcで指定したプラグインをインストール

:BundleInstall

.vimrcで指定したプラグインを更新

:BundleInstall!

vimrcから不要なプラグインの指定を削除してこれを実行すると、bundle以下も合わせて削除してくれてをきれいにしてくれる。

:BundleClean

vim-scripts.orgからプラグイン検索が出来ます。

:BundleSearch

導入してみて

便利!!!
もう使ってるひとも結構いると思うけど使ってない人がいればぜひ使ってみてください。
gmarikさんありがとうございます!